せせらぎ広場

*せせらぎ出版* 
大阪にある小さな出版社です

記名のない記事は代表ヤマザキ
その他は事務アカマツでおおくりいたします
インデザインCC(2015)をインストールすると、旧バージョンが削除された
2015年6月、インデザインの「CC-2015」がリリースされました。
さっそくインストールしたのですが、同時に「CC-2014」などの旧バージョンがアンインストールされてしまい、焦りました。
どうしたら再インストールできるか、調べてもわからなかったので、アドビサポートに聞いて、ようやくわかりました。
同じ事で困っている人もいるかと思いますので、その手順を書いておきます。

1.まず「Creative Cloud」を開き、「Apps」を選択し、下方に少しスクロールすると、下図のように青い文字で「以前のバージョン」と出るので、それをクリックします。

WS001.JPG

2.すると、下図のように、さらに下の方に青い字で
「以前のバージョンを表示」
と出るので、それをクリックします。

WS002.JPG

3.すると下図のように、InDesignの「インストール」ボタンが出るので、それをクリックします。

WS003.JPG

4.すると下図のように、「使用可能なバージョン」として「CS6」「CC」「CC(2014)」などが表示されるので、復活させたいバージョンを選んでクリックすると、インストールされます。

WS004.JPG
| せせらぎ出版 | インデザイン、DTP情報 | 14:16 | - | - | pookmark |
3月のインデザイン勉強会は、ホテルでゴージャスに!
【山崎・記】
3月19日(火)、インデザイン勉強会は、トーコーホテルでゴージャスに行いました。
2月から、参加者が20名を超えるようになり、せせらぎ出版では手狭なため、O氏のご厚意でトーコーホテル会議室を3・4月と使わせてもらえるようになったのです。

3月勉強会、講師は大西昇子氏。テーマは「まず最初にドキュメントを作ってみよう」でした。
質疑応答も活発に出て、「わかりやすかった」と好評でした。

そのあと、懇親会は、たまたま向かいに「さくら水産」があり、そこでも大いにもりあがりました。

※「桜の定点カメラ」をご覧になるには、下の方にスクロールしてください。

2013_03_19_0001.jpg
2013_03_19_0006.jpg
| せせらぎ出版 | インデザイン、DTP情報 | 15:36 | - | - | pookmark |
インデザイン勉強会、22名参加で事務所がパンク
山崎です。久しぶりの投稿です。

 2013年2月19日(火)夜、せせらぎ出版事務所で、インデザイン勉強会(第76回)を開きました。
最近、参加者が減っていて、頭を抱えていたのですが、みなさんと相談し、勉強会の前半に「60分初級基礎講座」をやってみようということになりました。
これからインデザインを始める人のための基礎講座をじっくりと1年がかり、全13回でやろうというわけです。

すると、「こんな講座を待っていました」という人が続々と申し込まれ、22名の参加となりました。今までの最高は16名で、せせらぎ出版の椅子すべてをかき集めてやったのですが、今回は椅子が足らないので、4脚買っておきました。それでも足らず、椅子持参の人あり、立ち見ありで、たいへんなことになりました。




60分基礎講座の第1回目として、講師は清水修二氏(手前左の頭の人)。テーマは、入門の前準備として「インデザインのツールパネル、コントロールパネルを使う」「インデザインを自分用にカスタマイズする」「環境設定をする」でした。

清水氏は、Adobe TVも交えながら、わかりやすく解説。僕なども知らなかったことだらけ、目からウロコの話がいっぱい。
初級者向けだけでなく、中級者にもとても勉強になりました。

後半の中級学習では、小学生が習う学年別学習漢字に、色をつけたり、ルビを振る話を、山崎が簡単に実演しました。

終わってからの懇親会(飲み会)にも11名参加で、終電まぎわまで、大いに盛り上がりました。

| せせらぎ出版 | インデザイン、DTP情報 | 22:41 | - | - | pookmark |
◎電子本◎ ワードをInDesignに読み込む最良の方法-試論 [文字組編]
 [赤松・記]

2ヵ月ほど息をひそめていたこのブログですが…
まさかの連投です!

技術的なことは全くのド素人のワタクシが、なにやら専門的なことをざっくりお伝えします。


研究論文や抄録などでよくある、ワードデータで入稿→InDesignで文字組。
3月はそんなお仕事も多いのですが、ワードは知る人ぞ知るなかなかの曲者なのです。(知ったかぶり)

あれ? 文字が飛んでる…
ルビが… ルビが…
ここ最近、せせらぎ出版ではそんな小さな悲鳴が聞こえておりました。

なんでや!
なんでや!?
声をあげながらの山崎の苦闘の記録…
それが 『 ワードをInDesignに読み込む最良の方法 - 試論 [文字組編] 』です。

ワード読み込み電子本.jpg



<以下目次>

目次.jpg
せせらぎ出版のHPからPDF版の電子本として購入することも可能です。
気になった方は、立ち読みしてみてください!
そこには、うひゃー☆なことが書いてあるやもしれませぬ。
 →立ち読みはコチラから

試してみてのご意見やご感想も、ぜひぜひお寄せください!




では、ワタクシは発送作業がありますので失礼いたします。
ごきげんよう。



| せせらぎ出版 | インデザイン、DTP情報 | 13:51 | - | - | pookmark |
インタラクティブなPDFファイル(電子書籍)で動画を動かす

【亮一・記】

 私は今ブームの電子書籍の諸実験をしていますが、インタラクティブなPDFファイルの試作をし、電子書籍(PDFファイル)上で音声や動画を走らせたりすることに一応成功したので、見てください。
これから、使えるのではないかと……。

下記をクリックしてください。(PDFファイルのダウンロードに1分間くらいかかります。)


http://dl.dropbox.com/u/2067020/pdf-test/index.html


PDFファイルをどこかに保存してください。

最初に1頁(本トビラ)の顔写真をクリックすると私の説明音声が出ます。
音声は、その他に15頁でベートーベンの音楽が流れます。

また、4頁、8頁の静止画像をクリックすると、動画が走ります。

また、8ページのURLをクリックすると、自衛隊開示文書を閲覧できるサイトが開きます。ハイパーリンクという機能です。

また2ページの目次の項目をクリックすると、該当ページが開きます(テスト版なので18ページまでしかありませんが)

なお、このPDFファイルを開いて動画が機能するためには、次のように最新バージョンが必要なようです。
アドビリーダー 9
アクロバット 9

無料のアドビリーダー9は下記からダウンロードできます。
http://get.adobe.com/jp/reader/






追記(アカマツ):
たまに更新しているヤマザキのブログDTPお役立ち情報へもお越しください。



| せせらぎ出版 | インデザイン、DTP情報 | 09:58 | - | - | pookmark |
画面の一部をすばやく拡大する
【山崎亮一・記】

  今回は、直接DTPだけの話ではないけど、僕にとっては超便利な発見だったので、書いてみます。

 7月のInDesign勉強会で、講師のSさんが、InDesignの画面をプロジェクタに映しながら、小さくて読みにくい部分を拡大表示したくて「山崎さん、ここを拡大したいんだけど……」と言いました。SさんはMacではいつもやっている方法をWinでどうすればいいか聞いてきたのです。でも僕は「わかりません。できません」と答えるしかありませんでした。

 そういえば、僕は以前にも、パソコンの小さな文字が読めなくてルーペを画面に押しつけて読もうとしたこともあります。
 Sさんの指摘を聞いて、「そりゃ、そういう機能があるはずやわな」と思い、そのあと調べてみました。

 ありました、ありました。
 Windowsでは、はじめから「拡大鏡」というメニューがあります。(「アクセサリー」→「ユーザー補助」→「拡大鏡」)
 でも、これよりもっと便利なフリーソフトがありました。
 「ZoomIt」というフリーソフトです。これを常駐させておくと、いつでも「Ctrl+1」を押すと、カーソル付近があっという間に拡大表示されます。しかもホイールを動かすと拡大率がガンガン変わります。Escキーを押すと、すぐ元の画面にもどります。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1122zoomit/zoomit.html

 しかも、その画面上で、赤い線の書き込みができたり、矢印、四角形、楕円形などが簡単に書けるので、プレゼンテーションなどのときに超便利です。
 僕は、さっそく次の勉強会でプロジェクタを使うときに使いまくってみようと思います。

ZoomIt-02.jpg


 それよりも何よりも、毎日の仕事中に、老眼でついていけない小さな文字も「Ctrl+1」で一発解決が猛烈にうれしい発見でした。

 小さな文字がつらい方、お試しあれ。
| せせらぎ出版 | インデザイン、DTP情報 | 15:53 | - | - | pookmark |
インデザイン勉強会、15名参加でせせらぎ出版事務所パンク寸前
  出版ネッツでは、インデザイン勉強会を毎月、せせらぎ出版事務所で開いています。
 昨日、5月13日に第47回勉強会をしました。従来の勉強会は、数名でパソコンのモニターの前に顔を近づけて、こぢんまりとやっていました。
 数ヶ月前からプロジェクタを導入し、人数も多いときには10名位になっていました。
 しかし、5月勉強会は、なんと、15名が参加! せせらぎ出版の従来の空間ではパンクなので、机を動かしたり、プロジェクタを投射するスクリーンが小さすぎるので、壁の時計やスケジュールボードをはずして、急ごしらえのセミナー室を作成。椅子も総動員してぎりぎり15脚。

 しみず図館の清水修二さんを講師に、「プリフライトとパッケージ」「新発売のInDesign CS5情報」を話してもらいました。
 その後、「サンスクリットなどの外国語フォント入力」「ページをまたいだ表で、セルの途中で改行する方法」「オブジェクトスタイルとは」などのチップス集もやりました。
 直接InDesignとは関係のない番外編として、「アクロバットの注釈機能」「電子ブック試作品お披露目」などもやりました。

 質疑応答や、意見交換も、活発で、刺激的な勉強会となりました。




| せせらぎ出版 | インデザイン、DTP情報 | 15:20 | - | - | pookmark |
InDesign上で正規表現の複数置換に成功!

 山崎亮一です。

僕は、以前から、InDesign上で正規表現の複数置換を簡単な手順で実行できないものか、といろいろ試していましたが、本日、ついにこれに成功しました。

今まで、InDesign上ではなく、テキストエディタ(MacのJ-edit、WindowsのWZ-editorなど)上でなら、正規表現置換を、複数同時に行うことができるので、この機能で「原稿整理」「表記の統一」「その他、DTPの前工程の調整」を行ってきました。
それらについては、出版ネッツのセミナーや、InDesign勉強会で何度も、公開・解説をしてきました。

DTPの前工程の調整とは、
○算用数字を1桁は全角に、2桁以上は半角にする(横組のため)
○算用数字を2桁は半角に、他は全角に(縦組のため)
○算用数字に、3桁位取りの半角カンマを入れる
○欧文のピリオド、カンマのあとのスペースの不統一をなくし、半角スペースに統一する。
○「○個月」「○箇月」「○か月」「○ヵ月」「○ヶ月」「○カ月」などの不統一は、すべて「○ヵ月」に統一(もちろん「○ヵ所」「○ヵ年」なども同時に)
等々です。

これでもかなり便利だったのですが、仕事でよくあることとして、InDesignに流し込んだあとの校正で多くの変更や原稿差し換え、追加が入ることが頻繁にあります。その部分に関しては、上記の自動的統一作業が行えず、手動でやることになり、不注意による不統一や見落としが避けられません。
だから、なんとかInDesign上でその作業ができないものか、と前々から思っていたのです。
InDesign CS3 から、Grep機能が追加され、正規表現置換が実現しましたが、複数の置換を同時に行う機能はありません。

正規表現の複数置換を行うのに役立ちそうな本を、今年の春に見つけましたが、最初の数頁を読んで、難解なので、しばらく放置していました。

古籏一浩・著
『組版時間を半減する!InDesign自動処理実例集』
技術評論社 2009年1月刊
本体価格 3600円
です。

数日前から再びこの本に挑戦し、よく読むと、次々と目から鱗が落ちていきました。

結論から言うと、InDesignが対応しているJavaScriptのたった1つのスクリプトと自作の置換指示ファイルで見事に実現しました。

上記の本だけではわからず、著者に質問を出し、回答をもらったのですが、それでもJapaScriptのことが全く理解できず、著者の回答をヒントに試行錯誤をくりかえして、ついに本日成功したのです。

わかったことは、InDesignには、Win版にもMac版にも、ESTKという機能が同時にインストールされています。これはExtendScript Toolkit2(CS3の場合)という、JavaScriptを読み込むための機能のようです。
著者からもらったスクリプトを若干変更して成功したスクリプトに、仮に「せせらぎ置換スクリプト.jsx」と命名しました。たった44行、2KBの簡単なテキストファイルです。(JavaScriptの拡張子は.jsx)

まず該当のInDesignドキュメントを開き、この「せせらぎ置換スクリプト.jxs」をダブルクリックするとESTKが立ち上がります。そこで「対象アプリケーション」を「InDesign CS3」と指定し、「スクリプトを実行」すると、「置換指示ファイルを指定してください」と表示されるので、用意してある自作のファイルを指定すると、瞬時に複数の正規表現置換が行われる、というわけです。

僕がテストして成功を確認している自作の置換指示ファイルは次のようなものです。
01-せせらぎ原稿整理-新聞社型.txt
02-せせらぎ原稿整理-エッセイ型.txt
03-【 】取る.txt
04-数字1桁のみ全角.txt
05-数字2桁のみ半角.txt
06-算用数字→漢数字.txt
07-位取り漢字「十」挿入.txt
08-横組数字位取りカンマ挿入.txt

これらは、左側に「検索対象文字列」、タブの右側に「置換文字列」が並んでいるだけの至って単純なテキストファイルです。
必要に応じていくらでも作れそうです。

-------------------------------------

これは、InDesignを使って組版をする人の必須アイテムではないか、と思っています。
例によって、InDesign勉強会や、出版ネッツのセミナーなどで公開するつもりです。

ただ、11月の勉強会では時間不足になりそうなので、簡単な実演だけ見てもらい、詳しくはこれだけ単独のセミナーを計画しようかなと思っています。

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西支部)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916   Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL    http://www.seseragi-s.com
せせらぎ広場(ブログ)http://seseragi-s.jugem.jp/
============================================



<電子本あります> →http://seseragi.s369.xrea.com/ssrg/
901.JPG

| せせらぎ出版 | インデザイン、DTP情報 | 15:22 | - | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ せせらぎ出版の公式サイト
bana.jpg
+ PROFILE
最近の記事
+ CATEGORIES
+ せせらぎ出版の「電子本」
dennsi.jpg
+ ツイッターやってます
リンク(こちらも見てくださいね)
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
+ ARCHIVES