せせらぎ広場

*せせらぎ出版* 
大阪にある小さな出版社です

記名のない記事は代表ヤマザキ
その他は事務アカマツでおおくりいたします
せせらぎ出版 お引っ越ししました

[アカマツ・記]

 

各地で自然災害が続きますね。被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

 

台風一過 晴れやかな空の10月1日に、せせらぎ出版は事務所を移転いたしました。

天満2丁目から天満1丁目にお引っ越しです。

 

ながらく営業いたしておりました高島ビルともお別れです。

何もないお部屋はがらんとして寂しい

 

このレトロな階段ともお別れ

 

ポストも見納めです

 

高島ビル お世話になりました

 

*

 

さて。新事務所は天満橋駅から谷町筋を北に少し歩いた場所―

六甲天満ビルというぴかぴかした細長いビルの10階です。

窓から大川が見える気持ちの良い事務所です。

 

エレベーターで10階まであがっていただき…

 

このドアからどうぞ

 

住所以外は変更ありません。

電話・FAX・メールはそのままですのでご心配なく。

 

まだ険しいダンボール山脈に囲まれておりますので…

もう少したってから(笑) ぜひ遊びにいらしてください☆

 

ではみなさまよい秋を!

 

bana.jpg

 

 

| せせらぎ出版 | 出版社の日常 | 18:00 | - | - | pookmark |
今日のせせらぎ。 ― 編集者達日々超絶多忙!

[アカマツ・記]

 

せせらぎ出版の近くにある川縁の桜が秋の色になりいい香りをさせています。

桜の落ち葉の香りは幼稚園の行き帰り道を思い出します。(超個人的な思い出話ですみません)

香りは記憶につながっているとか。あ!そういえば幼稚園は“香里園”という場所にありました。

秋らしいこと、秋が行ってしまう前にしておかなきゃですよ。みなさま。

 

 

さて。こんな詩的で私的な気分に浸っているのはこの事務所でワタクシだけでありまして。

せせらぎ出版はバタバタしてることが多いのですが…そんなの目じゃないくらい、ただいま空前絶後の。忙しさです。

自費出版、少部数印刷、流通もの、なんでもありでざっと以下のような感じ…

・長崎の被爆者健康調査統計研究論文

・戦場から送られた手紙

・資本論をイマ風に

・会長の毎月のいい話まとめ

・ご婦人の自伝

・中国の盗墓史稿

・ゴージャスな句集

・翻訳本

・定期もの冊子

・子どものリスクマネジメント

・欧文研究論文

などなど年度末を前にすでに大渋滞です。

これらをヤマザキが独り言を呪文のようにブツブツつぶやきながらこなしています。

 

そんな戦場のような現場。11月から新たに組版と編集補助スタッフとしてヨネタニさんにお手伝いいただいております。

おっとりしっかり可愛らしいお姉さんです。よろしくお願いします。

 

 

ネットでデモクラティックスクールの紹介記事で参考書籍として写っている『自分を生きる学校』の画像を発見。

進路の選択肢のひとつとしてお考えのかたにおすすめ。

 (元記事:公教育を離れて過ごした日々 「オルタナティブスクール」とは)

『自分を生きる学校』11/20に第6刷増刷出来予定です!

 

 

こんな感じで編集者達が鋭意制作進行しておりますゆえ、もうしばらくしたらいろいろご紹介できるかと。

日が落ちるとぐっと冷えますね。街がクリスマス感出すの早すぎて意味もなく焦ったりしますがみなさまお元気で。

 

 

 

 

| せせらぎ出版 | 出版社の日常 | 12:03 | - | - | pookmark |
せせらぎ出版に高校生インターンがやってきました!

[ナカソコ・記]

夏まっさかり。みなさんお元気でしょうか?
先日、せせらぎ出版では高校生のインターンシップを受け入れました。

 

職業体験にきてくれたのは、

兵庫県立芦屋国際中等学校の四年生(高校一年生)のパクくんと担任の先生。

応対は代表のヤマザキです。

 

 

将来、小説家になりたいというパクくんは“出版社の仕事”について興味津々。

代表のヤマザキは、パクくんから

「なぜ出版社を立ち上げようと思ったのですか?」

「出版の仕事でおもしろいと感じるところは?」といった質問を受けました。

 

 

また、日ごろは見せることのない「本の倉庫」も案内。

せせらぎ出版の倉庫には一万冊の新本がありますが、

他の保管倉庫をあわせると、なんと4万冊もの商品があるようです。(し、知らなかった…!)

 

 

インターンシップのご縁は、パクくんがネット検索で「大阪でがんばっている出版社がある」

と感じてくれたことから。気さくな印象を受け、直接電話をかけてくれました。感謝、感激です。

 

せせらぎ出版の強みは、本づくりを編集・組版まですべて社内でおこなっていること。

最後に、ヤマザキがその様子をパソコンで実演しました。

 

後日、パクくんより

「自社の編集ソフト開発から、本屋さんにPOPを持参したり、本のサイン会開催など

出版社としてさまざまな工夫をしておられることがわかりました。

インターンシップの経験を糧に、これから日々努力していこうと思います」

というお手紙をいただきました。はげみになるお便りをありがとうございます!

 

---

 

ちなみに、そのノウハウの一端を電子本として販売しています。

印刷現場などから好評で、よく売れているんですよ〜〜♡ 

 

▽ ダウンロード数は500を超えました

「ワードをInDesignに読み込む −試論−[文字組編]」/山崎 亮一

 

dennsi.jpg

△ せせらぎ出版の電子本 △

 

JUGEMテーマ:電子書籍

| せせらぎ出版 | 出版社の日常 | 17:07 | - | - | pookmark |
今日のせせらぎ。 〜歓送迎会

[アカマツ・記]

 

今日は天神祭&祇園祭後祭山鉾巡行Dayです。

お祭りがはじまると「夏」気分が高まりますね。

 

社内の話で恐縮ですが…この7月、せせらぎではスタッフメンバーがかわりました。

2010年から編集スタッフとして、はんなりサクサクと働いていたハラさんが退職することに。

シーズン途中ではありますが(?)ご縁あって新しく助っ人を獲得いたしました。

 

「いままで大変お世話になりました」

「せせらぎにようこそ」

…というわけで先日、歓送迎会を開催。

△左から先代編集山崎あさ氏、新人助っ人ナカソコさん、退職おめでとうハラさん

 

△左からせせらぎ出版代表ヤマザキ、その娘あさ、新しい旅立ちハラさん、残留アカマツ

 

新人助っ人のナカソコさんはフリーランスのライターさん。そこはかとなく南国の雰囲気が漂う方です。

せせらぎ出版はまた新たな3人でがんばってまいります。

今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

せせらぎ出版 夏季休業

8/11(祝・山の日)〜8/16(水)

 

 

 

| せせらぎ出版 | 出版社の日常 | 15:05 | - | - | pookmark |
せせらぎ出版のホームページが新しくなりました!

[アカマツ・記]

 

せせらぎ出版でございます。

昭和の香りただよう旧ホームページ…

渋くて個人的にはキライではなかったのですが、時代の流れによって修正事項もでてまいりまして今回のリニューアルとなりました。

細かくはまだ不十分ですが、ゆるっと始動いたしました。

 

お暇なときにご覧になってみてくださいませ。

 

 

 

京阪情報誌K-PRESS・9月号、京阪沿線で配布されております。

表紙は宇治駅!

 

表紙絵をまとめた書籍『京都・大阪・滋賀 水彩さんぽ』(黒岩多貴子 著)広告も掲載されております。

 

ここのところ素敵な歌集や豪華な企業史など自費出版のお仕事が続いております。

出版相談、製作進行中の書籍など、編集ふたりは相変わらず忙しそうです。(他人ごと)

 

もうすぐお月見だんごですねぇ。。。

 

 

 

 

 

 

| せせらぎ出版 | 出版社の日常 | 16:03 | - | - | pookmark |
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
+ ARCHIVES