せせらぎ広場

*せせらぎ出版* 
大阪にある小さな出版社です

記名のない記事は代表ヤマザキ
その他は事務アカマツでおおくりいたします
<< 今日のせせらぎ。 〜歓送迎会 | main | 【証言 戦争】『あのころひとりの医師がいた』 無産者診療所の青年たち >>
せせらぎ出版に高校生インターンがやってきました!

[ナカソコ・記]

夏まっさかり。みなさんお元気でしょうか?
先日、せせらぎ出版では高校生のインターンシップを受け入れました。

 

職業体験にきてくれたのは、

兵庫県立芦屋国際中等学校の四年生(高校一年生)のパクくんと担任の先生。

応対は代表のヤマザキです。

 

 

将来、小説家になりたいというパクくんは“出版社の仕事”について興味津々。

代表のヤマザキは、パクくんから

「なぜ出版社を立ち上げようと思ったのですか?」

「出版の仕事でおもしろいと感じるところは?」といった質問を受けました。

 

 

また、日ごろは見せることのない「本の倉庫」も案内。

せせらぎ出版の倉庫には一万冊の新本がありますが、

他の保管倉庫をあわせると、なんと4万冊もの商品があるようです。(し、知らなかった…!)

 

 

インターンシップのご縁は、パクくんがネット検索で「大阪でがんばっている出版社がある」

と感じてくれたことから。気さくな印象を受け、直接電話をかけてくれました。感謝、感激です。

 

せせらぎ出版の強みは、本づくりを編集・組版まですべて社内でおこなっていること。

最後に、ヤマザキがその様子をパソコンで実演しました。

 

後日、パクくんより

「自社の編集ソフト開発から、本屋さんにPOPを持参したり、本のサイン会開催など

出版社としてさまざまな工夫をしておられることがわかりました。

インターンシップの経験を糧に、これから日々努力していこうと思います」

というお手紙をいただきました。はげみになるお便りをありがとうございます!

 

---

 

ちなみに、そのノウハウの一端を電子本として販売しています。

印刷現場などから好評で、よく売れているんですよ〜〜♡ 

 

▽ ダウンロード数は500を超えました

「ワードをInDesignに読み込む −試論−[文字組編]」/山崎 亮一

 

dennsi.jpg

△ せせらぎ出版の電子本 △

 

JUGEMテーマ:電子書籍

| せせらぎ出版 | 出版社の日常 | 17:07 | - | - | pookmark |
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
せせらぎ出版の本
+ ARCHIVES